副業としてできる|駐車場経営や賃貸経営によって上手に収入を得る
男の人

駐車場経営や賃貸経営によって上手に収入を得る

副業としてできる

積み木と紙幣

最近では不動産投資をするサラリーマンも増えています。20代や30代で中古ワンルームマンションを1戸保有し始めて、その後、どんどん保有戸数を積み上げていくというスタイルを取っている人が多いです。これは不動産投資の理に適った投資戦略といえます。戸数が多ければ空室リスクは小さくなります。また、信用が付き、金融機関からの借入もしやすくなります。中にはサラリーマンをやめて大家になる人もいます。書店にいけばサラリーマンでありながら大家の人が書いた本、サラリーマンをやめて大家として独立した人の体験記などが溢れています。これらに触発されて不動産投資を始める人も少なからずいますが、不動産価格の動向には注意しましょう。都市部の築年数10年程度の中古ワンルームマンションであれば1200万円から1500万円程度が目安です。

但し、価格で物件を選ぶというよりは、自分の欲しい利回りを定めて物件価格を算出し、それにあった収益物件を購入するというスタイルを取ることが重要になってきます。平均的な価格だと判断し、買ってみたものの、十分な利回りが取れなかったとなってしまうと、採算の悪い不動産投資になってしまいます。そのため、不動産投資用の物件を買う際には売値をみて買うかどうかを決めるというよりも指値を入れて売主の判断を仰ぐというスタイルを取ることが常套手段です。不動産取引は相対ですので、遠慮なく指値を入れましょう。運が良ければ、自分の指値で売買が成立することもありますし、売値が売却価格を引き下げてくることもあります。大家として成功するためには、ちょっとしたかけひきも必要なのです。